Go to Contents Go to Navigation

外国語での119番通報急増 日本語など多言語でガイド作成=韓国

記事一覧 2019.07.23 09:23

【ソウル聯合ニュース】韓国消防庁は23日、外国語による119番(消防)通報が急増しているとして、国内に居住する外国人を対象にした119番の利用方法の広報を強化すると発表した。

外国語で作成された119番の利用方法案内リーフレット(消防庁提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 消防庁によると、外国語での通報は2015年には1385件だったが、17年は2430件で、75%増加した。

 外国語で通報が入った場合は、外国語が話せる指令員が直接対応するか、通訳ボランティアにつないで3者通話方式で対応している。

 18年の火災による死亡者369人のうち外国人は1.08%に当たる4人、救急車を利用した187万9725人のうち外国人は1.13%に当たる2万1304人だった。

 消防庁は英語、中国語、日本語、タイ語で作った119番サービスの案内リーフレットを、ソウル市観光協会が運営する11カ所の案内所で配布する予定だ。今後はモンゴル語、ベトナム語、ロシア語などでもリーフレットを作成し、ユーチューブやフェイスブックなどでもPRを行う計画だ。

 消防庁は「世界各国で救急通報番号が違い、消防サービスの内容も異なるため、自国のケースを想定すると119番サービスが必要な時に上手く利用できない可能性もある」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。