Go to Contents Go to Navigation

天野IAEA事務局長死去 韓国政府が哀悼の意

記事一覧 2019.07.23 15:25

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は23日、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長の死去を受けて哀悼の意を示した。

今年3月、オーストリア・ウィーンで開かれたIAEA理事会に出席した天野之弥事務局長=(EPA=聯合ニュース)

 政府は外交部報道官声明で、「天野事務局長は任期中にIAEAの設立趣旨である『平和のための原子力』を『平和と開発のための原子力』に広げて原子力技術により人類の暮らしを発展させるとともに、持続可能な発展の推進に寄与し、北の核問題の平和的解決のためにも多くの努力を傾けてきた」と評価した。

 また「原子力の平和利用と国際不拡散体制強化のために献身してきた天野事務局長の精神と業績は、世界の人々の心の中に深く記憶される」と強調した。

 IAEAによると、天野氏は最近健康状態が急激に悪化し、18日に死去した。72歳だった。遺族の意向により、死去の事実は葬儀を執り行った後に発表された。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。