Go to Contents Go to Navigation

韓日軍事協定「韓米日の安保に重要」=韓国外相 

記事一覧 2019.07.24 00:18

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官が約30日後に破棄の通告期限が迫った韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、「韓日関係とは別に韓米日の安保協力レベルで重要だ」と話したことが23日、分かった。

康京和(カン・ギョンファ)長官=(聯合ニュース)

 前日に開かれた国会外交通商委員会の非公開懇談会で述べた。同委員会に出席した複数の関係者が伝えた。一部の国会議員は破棄を主張したという。

 GSOMIAは韓日が北朝鮮の核・ミサイル関連情報などを共有するために締結したもので、2016年11月に発効。効力は1年で、効力が切れる90日前に両国どちらかが協定を破棄する意思を通告すれば終了する。8月24日までに破棄を通告しなければ自動的に1年間延長される。

 国防部は当初、延長する方針でいたが、日本が対韓輸出規制を強化し、さらなる報復措置を予告したことから、青瓦台は「すべてのオプションを検討する」との立場を示した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。