Go to Contents Go to Navigation

ボルトン氏「韓日対立、外交的解決模索すべき」=韓国外相と会談

韓日関係 2019.07.24 17:03

【ソウル聯合ニュース】来韓中のボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が24日、韓日が日本の輸出規制などを巡り対立していることについて、外交的解決を模索すべきとの見解を示した。

会談する康長官(手前左)とボルトン氏=24日、ソウル(聯合ニュース)

 外交部によると、ボルトン氏はこの日午後、外交部庁舎で康京和(カン・ギョンファ)同部長官と会談し、韓米、韓米日間の協力が重要であるとの認識を改めて示した。

 その上で、両氏は韓日関係がさらに悪化することを防ぎ、対話を通じた外交的解決を模索することが皆の利益になるとの認識に基づき、今後一層緊密に意思疎通していくことで一致した。

 日本から韓国入りしたボルトン氏はこの日午前、青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)や鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官らと会談し、午後に康長官と50分間会談した。

csi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。