Go to Contents Go to Navigation

ロシアが領空侵犯否定 韓国国防部「事実歪曲」

記事一覧 2019.07.24 17:38

【ソウル聯合ニュース】ロシア軍用機による韓国領空侵犯について、ロシア政府が正式に否定し、むしろ韓国軍の対応措置が自国の軍用機の安全を脅かしたと主張した。韓国国防部は24日、こうした内容が盛り込まれたロシア側からの公式文書を受け取ったと発表した。

国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 国防部はロシア側の主張について「事実を歪曲(わいきょく)しただけでなく、(ロシアが)外交ルートを通じて示した遺憾表明、正確な調査と再発防止に向け努力するとした立場に反する」と指摘した。

 同部はロシア軍用機による韓国防空識別圏(KADIZ)進入と領空侵犯は明らかな事実であり、韓国空軍機が正当な手順によって警告放送、遮断機動、警告射撃を実施したとした上で、「これに関する明確な根拠資料がある」と説明した。

 ロシア側からの資料要請を受け、今後、実務協議を通じて事実確認を行う予定だという。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。