Go to Contents Go to Navigation

韓国 WTOで輸出規制の不当性訴え「徴用判決の報復」

韓日関係 2019.07.24 23:50

【ジュネーブ聯合ニュース】韓国政府は24日(現地時間)、ジュネーブで開かれた世界貿易機関(WTO)の一般理事会で、日本の韓国に対する輸出規制措置を強く批判し、同措置がWTOのルール違反であることを加盟国に強調した。

金勝鎬(キム・スンホ)新通商秩序戦略室長=(聯合ニュース)

韓国政府の首席代表として参加した産業通商資源部の金勝鎬(キム・スンホ)新通商秩序戦略室長は日本の輸出規制問題を取り上げた議論を終えてからの記者会見で、「日本に高官級対話を提案したが、返答がない」と述べた。

 また、「日本の対話拒否は自らした行為に向き合う勇気も、確信もないことを示すもの。日本は(輸出規制措置ついて)目と耳を閉じている」と批判した。

 さらには、「日本は輸出規制を発表してから20日間、一貫して対話を拒否してきた。日本の措置は明白な強制徴用判決に対する外交的報復」と指摘した。

 韓国代表団はこの日の会議で日本の規制措置が明白なWTOのルール違反で、国家の安全保障とは関係がないと加盟国に強調した。

 一方、日本は輸出規制が国家の安全保障のため実施された措置で、WTOで議論するには不適切だとする従来の主張を繰り返した。

csi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。