Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の飛翔体は「短距離ミサイル」 高度約50キロ=韓国軍

記事一覧 2019.07.25 10:09

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は25日、北朝鮮が同日午前に東部の江原道・元山から発射した未詳の飛翔体2発について、短距離ミサイルとする見解を示した。

北朝鮮が発射した飛翔体は短距離ミサイルと分析された(資料写真)=(聯合ニュース)

 合同参謀本部の関係者は「どちらも高度約50キロまで飛行し、東海上に落下したと推定される」と述べた。そのうち1発は430キロ飛行し、もう1発は米国が探知システムを用いて分析した結果、最初に発射されたものより飛行距離が長かったと説明した。

 韓米軍当局は短距離ミサイルの正確な発射地点を分析している。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は付近に滞在していたと観測され、今回のミサイル発射に立ち会った可能性が高いとみられる。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。