Go to Contents Go to Navigation

北の弾道ミサイル「韓米に直接の脅威でない」=韓米連合軍司令部

記事一覧 2019.07.26 11:00

【ソウル聯合ニュース】韓米連合軍司令部は26日、北朝鮮が前日朝に短距離弾道ミサイル2発を発射したことに関し、「韓国や米国に対する直接的な脅威ではなく、われわれの防衛態勢に影響を与えない」とする立場を発表した。北朝鮮が韓国全域と有事の際に朝鮮半島付近の海上に展開される米軍の増援戦力を攻撃できる飛距離の弾道ミサイルを発射したにもかかわらず、「韓国にとって脅威ではない」と評価したことで、論争が予想される。

北朝鮮の短距離弾道ミサイル(資料写真、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 韓米連合軍司令部は、同司令部と在韓米軍司令部は2発の短距離弾道ミサイル発射を「認知している」としながら、「これを北朝鮮の新たなタイプの短距離ミサイルの試験と評価している」と伝えた。

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は25日朝に東部の江原道・元山付近から東の海に向けて2発の飛翔体を発射した。韓国青瓦台(大統領府)は2発とも「短距離弾道ミサイル」との見解を示した。

 軍事専門家らは、発射されたのは短距離弾道ミサイルKN23の完成型である可能性が高いとみている。KN23はロシア製弾道ミサイル「イスカンデル」の技術を用いたもので、北朝鮮はイスカンデルの射程を延ばし、韓国全土を射程圏に入れることを可能にした。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。