Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮木造船 「航路間違え」南側海域に=韓国軍がえい航し調査

記事一覧 2019.07.28 11:21

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の小型木造船が27日深夜、朝鮮半島東側の東海の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を越えて韓国側海域に入り、韓国軍の艦艇が出動して韓国北東部・襄陽の軍港にえい航した。木造船には3人が乗っており、「航路を間違えた」と話しているという。韓国軍合同参謀本部が28日、明らかにした。

北朝鮮の小型木造船が韓国側海域に入り、韓国軍によって軍港にえい航された=(聯合ニュース)

 合同参謀本部の関係者は「方向性を失った」などとの乗員の証言について「確認する必要があり、えい航して調べている」と説明した。NLLの北側にいる木造船を最初に発見した当時、周りに操業中の漁船はなく単独でいたという。さらに、木造船が一定の速度で南下したため、「自らNLLを越えた」と指摘した。

 木造船は北朝鮮軍の副業船と推定されるという。3人のうち1人は軍服を着用しているが、軍人かどうかは確認できていない。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。