Go to Contents Go to Navigation

ホルムズ海峡への軍派遣 「さまざまな方策を検討中」=韓国国防当局

記事一覧 2019.07.29 14:27

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部のノ・ジェチョン副報道官は29日の定例会見で、米国が中東・ホルムズ海峡を航行する民間船舶の安全を守るために結成を目指す有志連合への韓国軍の派遣が決まったとの一部報道に対して「(ホルムズ海峡を行き来する)韓国船舶の保護のためのさまざまな方策が検討されている」とし、「(まだ)決まったことはない」と説明した。

 ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が24日に国防部を訪れ、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官らと会談した際にホルムズ海峡への派兵問題を議論したかとの問いには、「当時国防部が公式に要請を受けた事項はない」と答えた。

 これに先立ち、国防部は鄭氏がボルトン氏に会い、朝鮮半島非核化と恒久的な平和定着を達成するために緊密に協力していくことを決めたと発表した。

 ノ報道官は、現在韓国軍が派遣に向けた訓練を行っているかについては「さまざまな可能性に備えてホルムズ海峡の状況を注視している」と述べるにとどめた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。