Go to Contents Go to Navigation

「ホワイト国除外」閣議決定迫る 韓国EVなどターゲットに輸出規制か

記事一覧 2019.07.30 11:16

【ソウル聯合ニュース】日本のメディアや業界によると、日本は安全保障上の友好国として輸出上の手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を早ければ8月2日に閣議決定する見通しだ。除外されれば、日本は韓国に打撃を与えられる品目を中心に対韓輸出手続きを大幅に強化すると予想される。

日本政府は8月2日にもホワイト国から韓国を除外する政令改正を閣議決定する=(聯合ニュースTV)

 韓国政府は、日本が今月1日に政令改正案を告示して以降、世界貿易機関(WTO)や米国に高官クラスを派遣して日本の輸出規制の不当性を訴えるなどしたが、日本の立場にこれといった変化は見られない。

 日本が韓国をホワイト国から外せば、兵器に転用される恐れのある約1100の韓国向け輸出品目が包括許可から個別許可の対象に変わる。

 日本は、韓国経済にすぐに打撃を与えられる品目から締め付けると予想される。

 ホワイト国から外されたからといって、韓国への輸出の道が完全に閉ざされるわけではない。日本政府は、今回の措置は輸出規制ではないと主張し、民間用に使用される品目の正常な輸出については許可を出すとの立場を示した。その一方で、半導体など韓国の産業に大きなウエートを占める業種の関連品目を中心に輸出を阻んだり、追加書類を要求して許可を遅らせたりといった小細工をする可能性はある。

 日本はすでに4日から、半導体やディスプレーの材料3品目の韓国向け輸出について個別契約ごとに政府の許可を取るよう改めている。次のターゲットとして、韓国が育成に力を入れる電気自動車(EV)や日本への依存度が高い化学、精密機械などが挙げられている。

 韓国民間シンクタンクの現代経済研究院は、紡織用繊維、化学工業、車両・航空機・船舶などの対日輸入依存度が90%を超えると分析している。EVバッテリーや燃料電池車(FCV)のタンクに用いる必須素材・部品も相当数が日本製だ。このため、LG化学やSKイノベーション、サムスンSDIなどバッテリー大手はホワイト国からの除外に備えた対策作りに頭を悩ませている。

 また、半導体・ディスプレーメーカーは輸出規制対象が3品目から大幅に増えると見込み、シナリオごとに対策を立て、毎日状況を点検するなど「非常経営体制」に入ったとされる。

 日本が別の手段で韓国を圧迫する可能性もある。日本の経済産業省は先月26日に公表した2019年版「不公正貿易報告書」で、政府系の韓国産業銀行による造船大手の大宇造船海洋への公的資金投入を「違法な補助金」と見なし、WTOに提訴する方針を示した。

 対日依存度の高い製品の韓国向け輸出を阻むと同時に、韓国の主力輸出品に対しては非関税障壁を導入することも考えられる。韓国にとって、日本は農産物や水産物の最大の輸出先となっている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。