Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領府がNSC常任委を緊急招集 北ミサイル発射受け

記事一覧 2019.07.31 12:00

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射を受け、韓国青瓦台(大統領府)は31日午前11時、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を緊急招集した。鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)が主宰。高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は「北のミサイル発射と現在の安保状況に関し議論する予定」と伝えた。

青瓦台(資料写真)=(聯合ニュースTV)

 高氏によると、ミサイルの詳細は韓米の情報当局間で分析中だ。韓国軍は関連動向を監視し、対応態勢を維持しているという。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領にはミサイルの発射直後に報告が上がった。

 国家安保室は危機管理センターで対応に当たっている。この日は青瓦台を対象に国会運営委員会の全体会議が開かれる予定だったが、延期された。青瓦台は緊急体制で状況管理を続けるとみられる。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。