Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が5月4日に発射のミサイル 2発だった=韓国国防部

記事一覧 2019.07.31 15:19

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は31日に開かれた国会情報委員会で、北朝鮮が5月4日に発射したミサイルについて、1発ではなく2発だったことが確認されたと報告した。同委員会の委員長を務める野党「正しい未来党」李恵薫(イ・ヘフン)議員が伝えた。

韓国国防部は北朝鮮が5月4日に発射したミサイルは2発だったと明らかにした。写真は今月26日に朝鮮中央テレビが報じた新型短距離弾道ミサイルの発射の様子=(聯合ニュース)《転載・転用禁止》

 国防部は「ミサイル発射後に北が公開した複数の写真を精密に分析した結果、2発と確認された」とし、「当時2発と認識できなかったのは、初めに発射したミサイルが低高度で飛行したためレーダーに映らなかったか、不発だった可能性がある」と述べた。 

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。