Go to Contents Go to Navigation

韓日軍事情報協定 「破棄すれば日本に打撃」=韓国外交部

記事一覧 2019.08.01 15:49

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙世暎(チョ・セヨン)第1次官は1日、韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に関して「現在としては維持するという立場だ」と述べた上で、「状況の変化によってさまざまな検討をしなければならない」と慎重姿勢を示した。

国会外交統一委員会(資料写真)=(聯合ニュース)

 趙氏はこの日、国会で開かれた外交統一委員会の全体会議に出席し「(協定を破棄すれば)日本の立場に打撃があると考える」と述べた。

 また、日本の菅義偉官房長官がGSOMIAについて継続すべきだとの立場を示したことに言及し、日本も国益にかなうと判断しているとして、GSOMIA自体は各国の利益のために締結したものだと説明した。

 GSOMIAは韓日が北朝鮮の核・ミサイル関連情報などを共有するために締結したもので、2016年11月に発効。効力は1年で、効力が切れる90日前に両国どちらかが協定を破棄する意思を通告すれば終了する。8月中旬までに破棄を通告しなければ自動的に1年間延長される。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。