Go to Contents Go to Navigation

韓日軍事情報協定の破棄に否定的 韓国情報機関トップ

記事一覧 2019.08.01 16:24

【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関・国家情報院(国情院)の徐薫(ソ・フン)院長は1日、日本が安全保障上の友好国として輸出手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定した場合、韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すべきだとする与党の一部議員の主張に対して「慎重でなければならない」と否定的な立場を示した。

国会情報委員会に出席した徐氏(手前)=1日、ソウル(聯合ニュース)

 徐氏はこの日、国会で開かれた情報委員会の全体会議で「GSOMIAの内容上の実益も重要であり、象徴的意味も重要だ」と述べた。同委員会の複数の委員が伝えた。

 これは「状況によってGSOMIAの破棄を検討する可能性がある」という外交部の立場とは温度差のある発言だ。

 徐氏は「このような立場を青瓦台(大統領府)と国家安全保障会議(NSC)にも伝えている」とし、「政府の立場を断定的に明らかにするのは望ましくない」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。