Go to Contents Go to Navigation

韓国政府と企業が点検会議「官民一丸となり対応」=ホワイト国除外  

記事一覧 2019.08.04 11:16

【ソウル聯合ニュース】日本政府が安全保障上の友好国として輸出手続きを簡素化する「ホワイト国」からの韓国除外を決定したことを受け、韓国政府と経済界は4日、産業別の影響と対応策を点検する会議を開催した。日本によるホワイト国除外の決定後、官民が一堂に会するのは初めて。

企業関係者と対応策を話し合う産業通商資源部の成允模(ソン・ユンモ)長官=(聯合ニュース)

 会議は産業通商資源部の成允模(ソン・ユンモ)長官が主宰し、半導体、電池、自動車、ロボット、ディスプレーなど11業種の関係者が出席。業種別の問題点を点検し、政府の支援策について議論した。

 企業側は対応計画に必要な政府の支援と制度改善を求めた。政府は被害企業の支援に向けた総合対応計画と来週発表予定の「素材・部品・整備競争力の強化策」を説明した。

 成長官は「政府は悲壮な覚悟で可能なあらゆる資源と力量を総動員し、企業の困難解決のため寸分の隙もないように対応していく。政府と業界が一丸となり、最も効率的に対応すべき」と述べた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。