Go to Contents Go to Navigation

「少女像」展示中止に抗議 別の韓国人作家「出品やめる」

記事一覧 2019.08.04 16:17

【名古屋聯合ニュース】愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の実行委員会が慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」などを展示した企画展「表現の不自由展・その後」を中止したことを受け、同芸術祭に出品した別の韓国人作家たちが実行委員会に作品の撤去を求めたことが4日、美術界関係者の話で分かった。

表現の不自由展に出品された「平和の少女像」=(聯合ニュース)

 同関係者によると、韓国人作家のパク・チャンキョン、イム・ミヌクの両氏は企画展の中止が発表された3日、実行委員会に電子メールを送り、出品した作品の撤去と展示中止を求めた。パク・チャンキョン氏は「チャイルド・ソルジャー」、イム・ミヌク氏は「ニュースの終焉」をそれぞれ出品している。

 両氏は「展示の途中に作品を除外することは検閲であり、壁を建てて見られなくするのはあり得ないこと」と抗議の意を示しているという。

 表現の不自由展は今回の「あいちトリエンナーレ」の企画展の一つ。75日間の展示予定だったが、少女像展示への抗議などを理由に3日で中止となった。

csi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。