Go to Contents Go to Navigation

5年以内に100品目の供給安定 日本輸出規制受け対策=韓国政府

記事一覧 2019.08.05 10:41

【ソウル聯合ニュース】日本による韓国向け輸出規制強化を受け、韓国政府が素材・部品など100の核心戦略品目を選定し、5年以内の供給安定化を図る。

会見する成允模氏=5日、ソウル(聯合ニュース)

 成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官は5日、素材・部品・装備(装置や設備)の競争力強化対策に関する会見で、「100品目の供給安定性を早期に確保するため、特段の対策を推進する。20品目は1年以内に、80品目は5年以内に供給を安定させる」と説明した。

 100の核心品目は業界の意見や専門家の検討を踏まえ、半導体、ディスプレー、自動車、電気・電子、機械・金属、基礎化学の6分野から選定した。

 このうち20品目は安全保障上の需給リスクが大きく供給安定が急がれる品目で、輸入先の多角化や生産拡大にスピーディーに取り組み、1年以内の短期での供給安定を目指す。

 特に、日本が先月4日に韓国向け輸出規制を強化したフッ化水素、レジスト(感光材)などの半導体材料をはじめとする主力産業や新産業に欠かせない素材・材料に対しては、米国や中国、欧州連合(EU)などからの代替輸入を支援する。

 残りの80品目は自立化にやや時間がかかる品目や、中核装置など戦略的な技術開発が必要な品目で、5年以内の供給安定を目指す。

 これら核心品目については大規模研究開発(R&D)に集中投資し、速やかな技術蓄積のため大胆かつ革新的なR&D方式を取り入れる。核心品目に対する大規模R&Dには7年間で7兆8000億ウォン(6880億円)以上を投じる予定という。

 あわせて、合併・買収(M&A)、海外技術の導入、投資誘致の活性化などさまざまな方法での技術獲得を後押しし、速やかな生産を可能にするため許認可、労働時間規制などに関する企業の困難を早期に解消する方針だ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。