Go to Contents Go to Navigation

日本への特使派遣 「成果上げるの容易ではない」=韓国高官 

記事一覧 2019.08.05 11:42

【ソウル聯合ニュース】韓国の趙世暎(チョ・セヨン)外交部第1次官は5日、ラジオの番組のインタビューで、貿易問題などを巡る韓日対立の解決に向けた日本への特使派遣について「両国間の対話や意思疎通が円滑でないため、この状況で特使を送っても成果を上げるのは容易ではなさそうだ」と述べた。

趙氏(右)は2日、日本政府が輸出管理上の優遇措置を受けられる「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定したことを受けて長嶺安政・駐韓日本大使を呼び出し、抗議した=ソウル(聯合ニュース)

 趙氏は、特使による外交が成果を出すためには水面下での実務的な調整が必要だとした上で、日本側が強硬な立場を示しており、接点を見つけるのが困難だと指摘した。

 また、韓国は誠意を持って積極的に日本と対話し、コミュニケーションを取りながら解決しようという努力を一貫して続けていると説明した。

 米国の役割については「米国は仲裁という言葉を使っていないが、重要な両同盟国の関係が円満に管理されるよう関心を持って役割を果たすという立場だ」とし、事実上仲裁に準じる活動をしていると伝えた。

 韓国政府の対抗カードとして取り沙汰される韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄については、現在のところはGSOMIAを維持するという韓国政府の立場を改めて伝えた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。