Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 少女像の展示中止は「非常に遺憾」

記事一覧 2019.08.05 14:20

【ソウル聯合ニュース】韓国の文化体育観光部は5日、愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」などを展示した企画展「表現の不自由展・その後」が中止されたことに対して遺憾を表明した。

金辰坤報道官(文化体育観光部提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 同部の金辰坤(キム・ジンゴン)報道官はこの日の定例会見で、展示の中止について「極めて遺憾と考える」と述べた。

 その上で「文化芸術の創作と表現の自由はどのような場合でも尊重されなければならない」とし、「速やかに正常化されることを願う」と話した。

 今月1日から始まった同企画展は、少女像の展示を巡って日本の政治家からの圧力や右翼による脅迫を受け、3日限りで中止された。

表現の不自由展に出品された「平和の少女像」=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。