Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の核高度化・ミサイル発射糾弾決議を採択 韓国国会委員会

北朝鮮 2019.08.05 15:36

【ソウル聯合ニュース】韓国の国会国防委員会は5日、北朝鮮の核能力の高度化やミサイル挑発を糾弾するとともに、再発防止を求める決議案を採択した。

国会国防委員会の安圭伯(アン・ギュベク)委員長=5日、ソウル(聯合ニュース)

 決議には「国会は北が核やミサイル能力を高度化するため敢行する一切の軍事的な行為や挑発が朝鮮半島の安定や平和を脅かす行為であることを明確に確認し、北の政権に一切の軍事的な挑発行為を即刻中止することを促す」として、「北の核・ミサイル脅威を根本的に除去するための国際社会の平和的な努力に北が遅滞なく参加することを強く促す」との内容が盛り込まれた。

 また、「北が試験発射した短距離飛翔体など、核・ミサイル戦力について、韓国国軍や韓米軍事同盟を通じて効果的に抑止し、対応できるよう政府が積極的な対応策を模索することを促す」とした。

 その上で、「国会は相互の敵対行為の中止や偶発的な武力衝突防止のため締結された軍事分野合意書をはじめ、南北が合意した事項を北が忠実に履行することを強く促し、これに違反して発生するあらゆる事態の責任は北にあることを警告する」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。