Go to Contents Go to Navigation

サムスントップ 半導体部門経営陣と対策会議=輸出規制対応

記事一覧 2019.08.06 17:06

【ソウル聯合ニュース】韓国・サムスングループの事実上の経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長は6日、忠清南道牙山市の温陽事業場を訪れ、半導体部門の経営陣と日本の対韓輸出規制への対策を協議した。

温陽事業場を訪れた李在鎔氏(右端、サムスン電子提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 対策会議には李氏をはじめ、半導体・ディスプレー事業を担当するデバイスソリューション(DS)部門の金奇南(キム・ギナム)副会長、秦教英(チン・ギョヨン)メモリー事業部長(社長)、カン・インヨプ・システムLSI(大規模集積回路)事業部長(社長)、鄭殷昇(チョン・ウンスン)ファウンドリー事業部長(社長)、ペク・ホンジュTSP(テスト&システムパッケージング)総括副社長が出席した。温陽事業場は主に半導体の後工程を担当する。

 李氏は会議で、最近の危機状況に対する対応計画とともに未来の競争力強化に向けた方策を講じるよう注文したという。今後、京畿道平沢市の半導体メモリー生産ライン、竜仁市のシステムLSIおよびファウンドリー生産ライン、天安市の生産ライン、牙山市にあるサムスンディスプレーの湯井事業場なども訪問する計画だ。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。