Go to Contents Go to Navigation

[韓流]元AKB高橋朱里 6人組で韓国デビュー=高い関心

芸能・スポーツ 2019.08.07 20:18

【ソウル聯合ニュース】韓国の6人組ガールズグループ「Rocket Punch(ロケットパンチ)」が7日、ソウル市内でファーストミニアルバムの発表イベントを開催した。イベントではAKB48を3月に辞め、同グループのメンバーとしてデビューした高橋朱里に視線が集まった。

イベントでポーズを取るロケットパンチ。左から3人目が高橋朱里=7日、ソウル(聯合ニュース)

 昨年行われたAKB48の総選挙で12位に入るほど人気メンバーだった高橋朱里は、昨年、韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送されたアイドルオーディション番組「プロデュース48」に出演。最終16位となり、韓日混成アイドルグループでのデビューを逃したものの、韓国にもファンが多い。

 韓日関係が過去最悪と言われる状況の中でのデビューとなり、特に関心を集めた。

 高橋朱里は韓国の芸能事務所ウルリムエンターテインメントと専属契約を結んだ経緯について、「私にとって挑戦することはとても重要なこと。新しい挑戦をしたくて韓国に来た」としながら、「ウルリムがメールで連絡をしてきて、私が韓国でデビューしたいと話した」と説明した。

 また「韓国のステージに5人の(韓国人)メンバーと共に立つことができて幸せ」と話し、ロケットパンチのジュリとしての活動に期待してほしいと語った。

 メンバーらは、初めは高橋朱里とコミュニケーションするのが難しかったが、互いの言語を勉強し、とても親しくなったと強調した。「プロデュース48」に共に参加したメンバーもいる。

 ヨンヒは「初めはボディーランゲージで話したが、意思疎通を図るため、韓国人メンバーは日本語、ジュリさんは韓国語を勉強して、今は円滑に通じる」と話した。高橋朱里はメンバーから韓国の遊びをたくさん教えてもらったとし、「合宿生活が初めてなので緊張したが、今はグループというより家族のようだ。親しくしている」と語った。

 グループ名は「単調な日常に加える新鮮な1発のパンチ」という意味が込められており、新しい音楽とステージを披露することで、日常に明るいエネルギーを贈りたいとの願いが込められた。

 2005年生まれの最年少メンバーのダヒョンは「とても緊張するが、きょう、ステージに立つ前にメンバーたちがうまくできるから、心配せずに練習したとおりに楽しもうと励ましてくれた」と話した。スユンは「メンバー全員がセンターを務めることができるほど、ビジュアル、実力、魅力を持っている」と自信を見せ、「私たちが成長する姿を見守ってほしい」と語った。

 初めてのアルバム「PINK PUNCH」には6曲が収録された。タイトル曲「BIM BAM BUM」はドイツ語で「カンカンカン」と鐘の鳴る音を表したもので、世の中に自分たちの曲を鳴らすという意気込みを表現した。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。