Go to Contents Go to Navigation

北が「短距離弾道ミサイル」発射と推定 高度48キロ・飛距離400キロ=韓国軍

北朝鮮 2019.08.10 10:46

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は10日、北朝鮮が同日午前5時34分ごろと同50分ごろに東部の咸鏡南道・咸興付近から朝鮮半島東の東海上に短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体計2発を発射したと発表した。高度は約48キロ、飛距離は約400キロ、最大飛行速度をマッハ6.1(音速の6.1倍)以上だったとした。

北朝鮮は10日早朝、東部の咸鏡南道・咸興付近から朝鮮半島東の東海上に短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体2発を発射した=(聯合ニュース)

 同本部は、韓米情報当局が飛翔体について詳しく分析していると伝えた。また、北朝鮮軍が現在、夏季訓練中であることや、韓国軍が米軍との合同軍事演習を開始したことから、北朝鮮がさらに飛翔体を発射する可能性が高いとの判断を示した。北朝鮮の動向を監視し、確固とした対応態勢を維持するとしている。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。