Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者の癒し願う展示会 釜山で開幕

記事一覧 2019.08.12 16:59

【釜山聯合ニュース】今年で大韓民国臨時政府樹立100年を迎えたことを受け、旧日本軍の慰安婦被害者の痛みに共感し、癒しを願う展示会が12日、釜山市庁で開幕した。

北朝鮮との軍事境界線に近い京畿道坡州市・臨津閣に設置された慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」(資料写真)=12日、坡州(聯合ニュース)

 展示会は釜山市議会と釜山市の共催。市議会教育委員会が選定した作家の作品22点が17日まで展示される。

  同委員会の金洸模(キム・グァンモ)委員長は展示会の趣旨について「被害者たちが故郷で平凡に暮らしたらどうだっただろうかと想像しながら、被害者たちが見た夢、幸福、希望を叙情的に温かく表現し、癒しを願う気持ちを込めようとした」と説明した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。