Go to Contents Go to Navigation

文大統領が独立有功者や子孫と昼食会 解放記念日控え

政治 2019.08.13 14:28

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、光復節(日本による植民地支配からの解放記念日、8月15日)を前に独立有功者やその子孫らをソウルの青瓦台(大統領府)に招いて昼食会を開き、国の独立のための献身に感謝の意を伝えた。

昼食会に出席した文大統領(左端)=13日、ソウル(聯合ニュース)

 昼食会には米国や中国、ロシア、カザフスタン、フランス、オーストラリアに暮らす独立有功者の子孫も出席した。

 出席者らは、独立有功者の子孫としての自負心、悲しみや喜びなどを語り合い、互いをねぎらった。独立運動家、安重根(アン・ジュングン)の孫に当たる女性は、初代韓国統監を務めた伊藤博文元首相を安重根が1909年に暗殺して以降、家族が味わったつらい経験を打ち明けた。

 青瓦台は昼食会について、国家が独立有功者と遺族のことをずっと忘れないという意思を伝えるために設けたものだと説明している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。