Go to Contents Go to Navigation

ホワイト国から日本除外 韓国政府が関連企業70社に説明会

韓日関係 2019.08.13 20:04

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は、「ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)」から日本を除外する「戦略物資輸出入公示」改正案を発表したことと関連し、13日に同改正案に関連する約70社を対象に説明会を開催したと明らかにした。

韓国政府は、「ホワイト国」から日本を除外する「戦略物資輸出入公示」改正案を発表した(イラスト)=(聯合ニュース)

 非公開で行われた説明会で同部は改正案の主な内容を説明し、企業側から問題点や意見を聴取した。

 日本に戦略物資を輸出する企業は100社に満たないとされている。同部はこのような説明会を続ける予定だ。

 また同部は戦略物資の輸出にともなう審査期間が5日から15日になり、必要書類も増えるため、企業側の負担と不便を最小化するために担当者が1対1で支援する体制を備える方針だ。

 同部は14日に改正案に対する行政予告をする予定で、9月2日までの20日間、改正案に対する意見を受け付ける。

 韓国政府は現行の戦略物資輸出入公示上のホワイト国である「カ」の地域を、改正案では「カの1」「カの2」と細分化し、従来のホワイト国はカの1、日本はカの2に分類する。

 カの2の地域に対する輸出管理水準は、「ワッセナー・アレンジメント」など四つの国際輸出統制の枠組みに参加していない「ナ」の地域の水準が適用される。ただ、個別許可申請書類の一部や戦略物資の仲介許可は免除する方針だ。

 同部当局者は「今回、制度が変更されても、正常な取り引きで転用の懸念がなければ、これまで通りに、5日以内に輸出許可を出すことができる」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。