Go to Contents Go to Navigation

韓日外務次官 16~17日に会談=対立解消策を協議へ

社会・文化 2019.08.14 09:58

【ソウル聯合ニュース】韓国の趙世暎(チョ・セヨン)外交部第1次官が16~17日ごろ、東南アジアで日本の秋葉剛男外務次官と会談することが14日までに分かった。韓国に対する日本の輸出規制や、韓国大法院(最高裁)による強制徴用被害者への賠償判決などを巡る対立の解消策を話し合うと予想される。

趙世暎(チョ・セヨン)外交部第1次官(資料写真)=(聯合ニュース)

 第三国で会談するのは、「中立地帯」で虚心坦懐(たんかい)に意見を交わすとの趣旨とみられる。

 韓日外交当局は対立激化にも解決を模索するための協議は続けることで一致していた。ただ、両国間の隔たりが大きいため、今回の会談でも突破口を見つける可能性は高くないとみられる。

 趙次官は会談で6月に日本に提案した「韓日の企業の拠出金で徴用被害者に慰謝料を支払う案」の趣旨を改めて説明し、これを土台に解決を模索すべきと強調すると予想される。また、韓国への輸出規制措置を直ちに撤回すべきだとする立場も改めて表明するとみられる。

csi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。