Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 ホワイト国からの日本除外を告示=来月3日まで意見公募

経済 2019.08.14 11:32

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は14日、「ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)」から日本を除外する「戦略物資輸出入公示」改正案を告示し、20日間、同改正案に対する意見を受け付けると発表した。意見受け付けの締め切りは9月3日までとなる。

韓国政府が14日、ホワイト国から日本を除外する「戦略物資輸出入公示」改正案を告示した=(聯合ニュース)

 同部は改正の理由について、「国際輸出統制体制の基本原則に反して制度を運営したり、不適切な運営事例が持続的に発生したりするなど国際共助が難しい国に対し、戦略物資の輸出地域区分を変更して輸出管理を強化するもの」と説明した。

 改正案は現行のホワイト国である「カ」の地域を「カの1」「カの2」と細分化し、従来のホワイト国はカの1、日本はカの2に分類する。

 韓国が指定しているホワイト国は29カ国で、輸出統制に関する国際的な取り決め「ワッセナー・アレンジメント」、原子力供給国グループ(NSG)、オーストラリアグループ(AG)、ミサイル関連技術輸出規制(MTCR)の四つの国際輸出統制の枠組みに入っている国が対象だったが、日本を除外することで28カ国に減る。

 カの2には現時点では日本だけが入るようだ。カの1のように、四つの国際輸出統制の枠組みに入っている国でも、基本原則に反して制度を運営したり、不適切な運営事例が発生したりした国は今後、カの2に入る。

 カの2の地域に対する輸出管理水準は原則的に従来の四つの国際輸出統制の枠組みに参加していない「ナ」の地域の水準が適用される。ただ、個別許可申請書類の一部や戦略物資の仲介許可は免除する方針だ。

 戦略物資輸出入公示は戦略物資の輸出入統制に関する事項を定め、国際平和および安全維持、国家安全保障に寄与することを目的とする。

 産業通商資源部は通常、年1回以上、戦略物資輸出入公示を改正する。前回は昨年10月1日(施行日基準)に改正した。

 同改正案に対する意見は、個人、法人ともに産業通商資源部の貿易安保課に書簡やファックスで送ることができるほか、法制処ホームページに投稿することも可能。

 日本政府は7月、韓国をホワイト国から外すための輸出貿易管理令改正案を告示し、これに関するパブリックコメント(意見公募)を受け付け、約4万件の意見が寄せられた。韓国でも同問題に関する国民の関心が非常に高いため、多くの意見が集まることが予想される。

 一方で政府は改正案と関連し、日本政府との協議の可能性を残した。

 成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官は12日、改正案を発表し、「意見公募の期間中、日本政府が協議を要請すれば、韓国政府はいつ、どこでも応じる準備ができている」と述べた。

 ただ日本は韓国政府の協議開催要請に応じていないため、意見を出す可能性は低い見通しだ。

 改正案は意見公募が締め切られた後、規制審査、法制処の審査などを経て9月中に施行される。

csi@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。