Go to Contents Go to Navigation

米国・日本大使館周辺で行進 市民団体の申し立て棄却=ソウル行政裁

社会・文化 2019.08.14 17:13

【ソウル聯合ニュース】ソウル行政裁判所は市民団体が光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)の15日に中心部の光化門広場から在韓米国大使館や日本大使館の方向に行進することを認めるようソウル地方警察庁に対して起こした執行停止の申し立てを棄却した。

7日、ソウル市内のプレスセンターで記者会見を開き、集会や行進計画を発表する市民団体=(聯合ニュース)

 市民団体は広場で集会を開いた後、米国大使館と日本大使館を取り囲み、朝鮮半島の平和を脅かす行為に反対し、平和実現に向けた取り組みに賛同するよう求める国民の声を伝える計画を発表した。

 同計画に対し、警察当局は集会や周辺道路での行進などを禁じると通告。市民団体は通告の取り消しを求める訴訟を起こすとともに、執行停止の申し立てを行っていた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。