Go to Contents Go to Navigation

韓国経済副首相 予算大幅増で産業自立目指す=基金・特別会計も検討

社会・文化 2019.08.14 17:49

【ソウル聯合ニュース】韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は14日、日本の経済報復に対応するため発足した政官民による組織「日本輸出規制対策民官政協議会」の会合後の会見で、日本の輸出規制に対応するため、来年度(1~12月)の予算案に素材・部品・装備産業の競争力強化のための予算を2兆ウォン(約876億円)を計上する方針を明らかにした。

政官民による「日本輸出規制対策民官政協議会」の2回目の会合の冒頭で発言する洪楠基氏(右から3人目)=14日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国政府は素材・部品関連の予算を1兆ウォン以上反映する方針を示していた。 

 また、「来月3日に来年度の予算案を提出する」とし、「これまで素材・部品・設備などの分野で(他国に依存せずに)自立しようとする意思があったにもかかわらず、うまく行かなかったという指摘があり、今回は確実に自立を目指すため、関連予算を着実かつ安定的に確保するための方策を検討中」と説明した。

 その上で、「基金や特別会計で関連予算を用意する方策など、様々な案を予算当局が検討中」とし、「来週、最終案がまとめられる」と述べた。 

yugiri@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。