Go to Contents Go to Navigation

北発射受け韓国大統領府がNSC開催 文大統領にも報告上がる

記事一覧 2019.08.16 10:00

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は16日、同日朝の北朝鮮の飛翔(ひしょう)体発射を受け、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)の主宰で午前9時ごろから国家安全保障会議(NSC)常任委員会の会議を行っている。青瓦台によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は北朝鮮の飛翔体発射直後から関連報告を受けている。

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は16日朝、江原道・通川付近から朝鮮半島東の東海上に未詳の飛翔体を2回発射した=(聯合ニュース)

 北朝鮮はこの日朝、江原道・通川付近から朝鮮半島東の東海上に飛翔体を2回発射した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。