Go to Contents Go to Navigation

米特別代表がきょう訪韓 米朝実務交渉の戦略調整へ

政治 2019.08.20 06:00

【ソウル聯合ニュース】米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が20日午後、韓国を訪れる。この日に韓米合同軍事演習が終了することから、米朝実務交渉の再開に向けて韓国政府関係者と対応策を協議する見通し。

李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長(左)とビーガン北朝鮮担当特別代表(コラージュ)=(聯合ニュース)

 21日にはカウンターパートの李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長と会談する。非核化を巡る米朝実務交渉を前に韓米間の戦略を調整するとみられる。同日午後には統一部など関係官庁を訪問して高官らと会談し、22日に帰国の途に就く。

 韓米合同軍事演習の終了に合わせた訪問であることから、米朝実務交渉の再開が実現するか注目される。一部では今回の訪韓を機に、南北軍事境界線がある板門店などで米朝が接触する可能性があるとの見方も出ている。

csi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。