Go to Contents Go to Navigation

韓日外相がきょう北京入り 韓日関係改善の契機になるか

韓日関係 2019.08.20 06:00

【北京聯合ニュース】韓日中3カ国の外相が20日、中国・北京で顔を合わせることから、深まる韓日関係の葛藤を解きほぐす契機になるか注目される。

康京和(カン・ギョンファ)長官(右)と河野太郎外相=(聯合ニュース)

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官はこの日午前、北京に入り、河野太郎外相、中国の王毅外相と共に、韓日中外相会談に出席する。初日の20日には歓迎夕食会、21日には会談が行われる予定。

 期間中に韓中、韓日間の2国間会談が開かれる可能性が高いとされる。ロイター通信は日本外務省筋の話として、21日に北京で韓日外相会談が行われると報じた。

 同会談の主な目的は今年末に北京で予定されている韓日中首脳会談を実現させることだ。

 しかし、韓国と日本は韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長期限(8月24日)と、日本が「ホワイト国(優遇対象国)」から韓国を除外する措置の施行(同28日)を控えていることから注目を集めている。

 2国間会談が行われるかどうかとは別に、韓日外相は同期間中に顔を合わせるため、どんな形であれ、葛藤を解きほぐすためにさまざまな接触をするとみられる。

 一方、韓日中の外相は今回の会談で、年内の韓日中首脳会談の実現や、北朝鮮の非核化、北朝鮮の相次ぐミサイル発射などの懸案について協議する見通し。

csi@yna.co.kr

最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。