Go to Contents Go to Navigation

韓米の北核問題担当高官が協議 米朝実務交渉の戦略調整

記事一覧 2019.08.21 11:46

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮核問題を巡る韓米の交渉代表を務める韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長と米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表は21日午前、ソウルの外交部庁舎で会談し、米朝実務交渉の早期再開に向けた方策を議論するとともに交渉戦略を調整した。

会談する李氏(右)とビーガン氏=21日、ソウル(聯合ニュース)

 双方は、北朝鮮が前日の20日に終了した韓米合同軍事演習に反発し、相次いで発射した短距離弾道ミサイルについても評価を共有したとみられている。

 ビーガン氏は外交部庁舎に入る際、「(韓国滞在中に)北朝鮮側と会う計画はあるか」といった報道陣の質問に何も答えなかった。

 李氏とビーガン氏は先月31日に東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)が開かれたタイ・バンコクで協議し、北朝鮮非核化に向けた米朝実務交渉の早期再開が重要との認識で一致していた。

 ビーガン氏は日本訪問を経て20日午後に韓国入り。21日午後には金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官を表敬訪問し、朝鮮半島情勢と南北関係の懸案などについて議論する。22日に韓国青瓦台(大統領府)の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長と会談した後、中国・北京に向かい外交当局者らと会談する方向で調整中だという。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。