Go to Contents Go to Navigation

日本旅行自粛で7月の訪日韓国人が7.6%減 8月はさらに減少か

記事一覧 2019.08.21 18:11

【東京聯合ニュース】日本の対韓輸出規制に端を発した韓国人の日本旅行自粛の影響により、7月に日本を訪問した韓国人が大幅に減少した。

閑散とした釜山から対馬に向かう旅客船の船内(資料写真)=(聯合ニュース)

 日本政府観光局(JNTO)が21日に発表した資料によると、7月に日本を訪問した韓国人客(推計値)は56万1700人で前年同月比7.6%減少した。

 7月に日本を訪問した外国人客数は299万1200人で、前年同月比5.6%増加しており、韓国人客の減少が目立った。

 1~7月に日本を訪問した韓国人客は442万4400人で、前年同期比4.3%減少した。

 7月の国・地域別では韓国人の減少幅が最も大きく、インドネシア(マイナス4.9%)、香港(マイナス4.4%)、タイ(マイナス1.6%)などが続いた。

 訪日外国人客のうち、最多の中国人が19.5%増加し、韓国人客の減少分を補った。7月に日本を訪問した中国人客は105万500人を記録した。

 中国人客増加などの影響で、1~7月に日本を訪問した外国人客は1962万4800人で、前年同期比4.8%増加した。

 日本の観光業界関係者は「7月は事前予約者が多く、韓国人客の減少率が1桁で留まったようだ」とし、「日本旅行の自粛が続けば、8月の減少幅は2桁になる可能性が高い」と予想した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。