Go to Contents Go to Navigation

韓国・東海港から日本への旅行客が急減 不買運動が影響

記事一覧 2019.08.22 12:45

【東海聯合ニュース】韓国で日本の輸出規制強化に対抗して日本製品の不買運動が拡大する中、北東部・江原道の東海港から日本に向かう韓国人旅行客も急減していることが、22日分かった。

日本製品の不買運動は沈静化の兆しが見えない(コラージュ)=(聯合ニュース)

 東海地方海洋水産庁によると、7月に東海港から日本に出発した韓国人は557人で、前年同月の1970人に比べ71.7%減少した。前月(2214人)比でも74.8%減少した。

 東海から日本に出発する韓国人の数は、今月に入っても減少傾向が続いている。

 東海港からは毎週木曜日に鳥取県の境港に向けて出発し、日曜日に戻るフェリーが運航されている。

 東海地方海洋水産庁の関係者は「日本に旅行する韓国人は全般的に減少していたが、最近の不買運動で急減した」とし、「不買運動が長期化すればさらに減少する可能性もある」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。