Go to Contents Go to Navigation

1~7月の農産物・食品輸出額が小幅増 市場多角化が課題=韓国

記事一覧 2019.08.22 14:01

【ソウル聯合ニュース】韓国農林畜産食品部は22日までに、1~7月の農産物・食品の輸出額を前年同期比0.7%増の40億4000万ドル(約4300億円)と集計した。主要輸出先の日本との間であつれきが深まっているが、これまでのところは輸出増を維持している。

日本への輸出が多いパプリカ(資料写真)=(聯合ニュース)

 内訳をみると、高麗人参やキムチ、イチゴ、トマトなどの輸出額が増加した一方で、輸出単価が下がったパプリカ、在庫が十分でないナシなどは減少した。

 主要輸出先はいずれもプラスだったが、農林畜産食品部は「日本と中国、米国の3カ国への依存度が47.3%に上っており、市場の多様化が必要だ」と指摘した。

 同部はこの日、関連機関、関連産業の協会関係者と下半期の輸出対策会議を開き、パプリカなど輸出が特定国に集中している品目の新規市場開拓、各輸出先に特化した韓流マーケティング、インターネット流通網の活用戦略などを話し合った。同部は「対外的な輸出環境が厳しくなっている状況で、(農産物・食品は)比較的安定した成長を見せている」としながら、輸出拡大が必要と強調した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。