Go to Contents Go to Navigation

日本輸出規制への対応予算240億円 「9月に最大限執行」=韓国政府

記事一覧 2019.08.22 16:05

【世宗聯合ニュース】韓国企画財政部は22日、国会企画財政委員会の全体会議で日本による対韓輸出規制に関する動向と政府の対応状況を報告し、今月初めに成立した補正予算に盛り込んだ輸出規制への対応予算2732億ウォン(約240億円)を9月のうちに最大限執行する方針を明らかにした。早期の国産化実現に向けた技術開発に957億ウォン、実証・テスト装置の構築に1275億ウォン、量産の支援に500億ウォンをそれぞれ充てる予定としている。

全体会議に出席した洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官(右)=22日、ソウル(聯合ニュース)

 政府は今月6日にこうした配分を終えており、今後は執行状況を毎週モニタリングし、財政管理点検会議を毎月開いて予算の速やかな執行を管理する計画だ。

 政府はあわせて、日本の輸出規制を受け、韓国国内の素材や部品、製造装置産業を安定的、集中的に支援するため、財政支援の制度的枠組みを設ける。企画財政部は特別会計を編成し、毎年2兆ウォン以上の支援資金を投じることを検討しているとされる。

 一方、政府は日本が7月に半導体などの材料3品目の輸出規制を強化したことに対し、世界貿易機関(WTO)への提訴も本格的に推進する。企画財政部は「日本の輸出規制は明白な輸出制限措置、韓国だけを特定した差別措置であり、WTO規定に違反していることを指摘する」とし、早期の提訴を目指す方針を伝えた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。