Go to Contents Go to Navigation

韓日関係悪化も訪韓日本人客増加 7月は19.2%増

記事一覧 2019.08.22 16:12

【ソウル聯合ニュース】日本の韓国向け輸出規制強化で両国関係は冷え込んだが、7月の訪韓日本人観光客は大幅に増加した。

大勢の人でにぎわうソウルの繁華街、明洞(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国観光公社が22日に発表した韓国観光統計によると、7月に韓国を訪れた外国人は144万8067人で前年同月比15.4%増加した。

 国・地域別では中国からの訪問客が51万9132人で最も多く、次いで日本(27万4830人)、台湾(11万3587人)、米国(9万7428人)、香港(5万9036人)などの順だった。

 日本人客は政治問題に敏感でない層を中心に個人旅行客が増えたことで同19.2%増加した。

 中国からは家族連れや学生団体客の訪問が増え同26.5%増加した。そのほかのアジア諸国や中東からの訪問客は7.4%増えた。

 一方、先月海外旅行をした韓国人は264万2585人で、同5.9%増加した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。