Go to Contents Go to Navigation

来月初め「ソウル安保対話」 北朝鮮招待を検討=韓国政府

記事一覧 2019.08.23 08:46

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は9月4~6日にソウルで開催されるアジア・太平洋地域の多国間安全保障会議「ソウル安保対話」に北朝鮮を招くことを検討している。政府関係者が23日、明らかにした。

昨年のソウル安保対話(資料写真)=(聯合ニュース)

 ソウル安保対話はソウル市内のホテルで開かれ、56カ国・地域の国防官僚と五つの国際機関の安保専門家が出席する予定だ。

 北朝鮮が招きに応じて軍または内閣の関係者を派遣すれば、南北関係の転換につながるとの見方もある。北朝鮮は2015年にも招待されたが出席しなかった。

 今年で8回目を迎えるソウル安保対話は、朝鮮半島の平和プロセス、国際協調、北東アジア平和への取り組みや課題などを議題とする。今年は国連の要請で、「朝鮮半島の恒久的な平和定着に向けた軍備統制の推進方向」というテーマも設けられる。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。