Go to Contents Go to Navigation

ソウルに新たな少女像の設置推進 韓国女性団体

記事一覧 2019.08.23 13:58

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウルの清涼里駅広場に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」が建てられることが23日、分かった。

ソウル・日本大使館前の「平和の少女像」(資料写真)=(聯合ニュース)

 ソウル市東大門区によると、東大門区女性団体連合会が先ごろ、同区内の清涼里駅広場に少女像を建てる案を区側に建議した。

 同団体は10月末の設置を目標に少女像の建立推進委員会を構成し、広報や募金活動などを展開する計画だ。募金目標額は4500万ウォン(約400万円)。

 同団体のキム・ドスン会長は「被害者の人権と名誉を回復させ、未来の世代に正義ある、正しい歴史認識を持たせることができる教育の場を提供しようと、流動人口が多い清涼里駅広場への少女像建立を建議した」と話している。

 東大門区は像の建立や募金、広報に積極的に協力する方針だ。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。