Go to Contents Go to Navigation

素材・部品産業支援に1700億円超 予算案に反映へ=韓国政府・与党

韓日関係 2019.08.26 11:20

【ソウル聯合ニュース】韓国の政府と与党「共に民主党」は26日に国会で協議を開き、2020年度(1~12月)予算案について最終検討を行った。

予算案に関する与党・政府協議の様子=26日、ソウル(聯合ニュース)

 同党の趙正シク(チョ・ジョンシク)政策委員会議長によると、与党・政府は日本による経済報復としての韓国向け輸出規制強化に対応するため、素材・部品・装備(装置や設備)産業の自立化と競争力強化に向けた予算を2兆ウォン(約1730億円)以上、20年度予算案に反映することで一致した。また、素材・部品・装備産業の育成に向けた特別会計の設置や、素材・部品・装備産業特別法、国家財政法など関連法の改正を推進することでまとまった。

 与党・政府はあわせて、粒子状物質(PM)などによる大気汚染への対応予算を今年度の2倍水準に引き上げることや、若者の住居、雇用や資産形成の支援のための予算を拡充することなども決めた。

 政府はこの日の協議を踏まえ、29日の臨時閣議を経て9月3日に20年度予算案を国会へ提出する予定だ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。