Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(8月28日)

◇優遇対象国からの除外実施に「強い遺憾」 ボールは日本に

 青瓦台(大統領府)の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長は28日、記者会見を開き、日本政府が同日に輸出管理の優遇対象国「グループA(旧ホワイト国)」から韓国を除外する政令を施行したことについて、「強い遺憾」を表明した。ただ、「きのう、李洛淵(イ・ナクヨン)首相はGSOMIA終了まで3カ月が残っており、この期間中、双方が打開策を見つけ、日本が不当な措置を元に戻せば、GSOMIA終了(の決定)を再検討できると言及した」として、「ボールは日本側にあることを強調したい」と述べた。

会見する青瓦台の金鉉宗次長=28日、ソウル(聯合ニュース)

◇文大統領「韓国経済はわれわれが自ら守る」 エコカー部品工場起工式で

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、南東部・蔚山で開かれた自動車部品メーカー大手、現代モービスのエコカー部品工場の起工式に出席した。日本政府が韓国に対する第2次経済報復措置として輸出管理の優遇対象国から韓国を除外した当日にエコカー部品工場を訪れることで、未来成長エンジンの発掘と国内産業の競争力強化への意志を強調した。文大統領は「自由で公正な貿易体制が揺らぎ、政治目的の貿易報復が起こる中で韓国経済はわれわれが自ら守るしかない」とし、「今われわれに必要なものは自らが経済を守ろうという意志と自信だ」と強調した。

◇韓国首相「日本の不当な措置継続は非常に遺憾」 優遇対象国除外に

 李洛淵(イ・ナクヨン)首相は、日本政府が輸出管理の優遇対象国から韓国を除外する政令を施行したことについて、「日本が不当な措置を継続していることを非常に遺憾に思う」と述べた。その上で、日本政府に対し、「事態をさらに悪化させず、韓日関係の修復に向けた対話に誠意をもって臨むことを重ねて求める」と強調した。日本の輸出規制への対応を巡る拡大関係閣僚会議で語った。

◇法相候補巡る疑惑で政局混乱 野党は人事聴聞会拒否も検討

 文大統領が法務部長官候補に指名したチョ国(チョ・グク)前青瓦台(大統領府)民情首席秘書官を巡り、娘の大学への不正入学や奨学金不正受給などの疑惑が浮上した問題で、検察当局が強制捜査に着手したことを受け、政局が揺れている。与野党は当初、チョ氏の国会人事聴聞会を9月2~3日に実施することで合意したが、最大野党・自由韓国党は検察の捜査を受けている関係者の聴聞会は不適切として、聴聞会をボイコットする姿勢も示している。一方で、与党・共に民主党は困惑を隠せない様子だが、予定通り聴聞会を開くべきだと主張している。

◇元ビッグバンV.Iが再出頭 常習賭博容疑で

 常習賭博と外国為替取引法違反の疑いで立件された人気グループ、BIGBANG(ビッグバン)の元メンバー、イ・スンヒョン(引退前の芸名V.I)氏(28)が警察に出頭した。売春あっせんなどの疑いで書類送検されて以来、65日ぶりに再び取り調べを受ける。イ氏は出頭の際、報道陣に対し「誠実な姿勢で警察の取り調べに臨む。心配をかけて申し訳ない」と述べてソウル地方警察庁に入った。同氏は米ラスベガスのホテルのカジノでギャンブルを行い、海外で金を借りて韓国内で返済する方法でギャンブル資金を調達した疑いがもたれている。

◇北朝鮮の放射性廃棄物が黄海流入か 韓国政府が調査

 韓国政府は、北朝鮮のウラン鉱山や精錬工場から排出された放射性廃棄物が黄海に流入している可能性があるとする一部報道に関して、海水を採取して分析を進めていると発表した。統一部の李相旻(イ・サンミン)報道官は定例会見で、「8月23日午前にNLL(北方限界線、海上の南北境界)付近で海水を採取し、分析中だ」と明らかにした。李報道官は、分析結果が出るまで約2週間かかるとして、結果が出れば必要に応じて説明すると述べた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。