Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 最高人民会議で憲法改正=金正恩氏は不参加

北朝鮮 2019.08.29 22:15

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は29日、国会に相当する最高人民会議の第14期第2回会議を平壌で開いたが、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は出席しなかった。会議では憲法改正を行い、「国務委員長は代議員(国会議員に相当)を務めない」と明示した。朝鮮中央通信が伝えた。

朝鮮中央テレビが報じた最高人民会議に出席した崔氏(中央)=(聯合ニュース)

 会議で崔竜海(チェ・リョンヘ)最高人民会議常任委員長は「国務委員長の法的地位や権能に関連し、国務委員会委員長は朝鮮人民の総意により、最高人民会議で選挙し、最高人民会議代議員として選挙しないという内容を新しい条文として明記した」と明らかにした。

 また、「国務委員会委員長は最高人民会議の法令、国務委員会の重要政令と決定を公布するという内容と他国に駐在する外交代表を任命、または召喚するという内容を新たに付け加えた」とし、国務委員長の権限を強化したことを明らかにした。

 その上で、「わが国を代表する国務委員会委員長の法的地位がさらに強固になり、国家事業の全般に対する最高領導者の唯一の領導を確固に保障できるようになった」とした。

 会議に金委員長は出席せず、注目を集めていた朝鮮半島情勢に関するメッセージは出なかった。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。