Go to Contents Go to Navigation

1日6隻あった釜山―対馬間の旅客船 9月から2隻に=韓日関係悪化で

記事一覧 2019.08.30 16:41

【釜山聯合ニュース】韓日関係が悪化し、韓国で日本旅行を控える動きが続いている中、韓国の海運会社が釜山と長崎県の対馬南部・厳原港を結ぶ路線を運休したのに続き、釜山と対馬北部・比田勝港間の運航も減便している。

閑散とした対馬行きの旅客船(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国の釜山港国際旅客ターミナルによると、大亜高速海運の旅客船「オーシャンフラワー」は9月1日から、未来高速の旅客船「ニナ」と隔日交代で釜山―比田勝間を運航する。韓日関係が悪化する前、釜山―対馬間を運航する旅客船は1日6隻あったが、9月からは1日2隻のみに減ることになる。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。