Go to Contents Go to Navigation

主要10企業グループの業績・時価総額 現代自が唯一改善=韓国

記事一覧 2019.09.01 17:28

【ソウル聯合ニュース】韓国の上場企業の利益減少が続く中、主要10企業グループのうち現代自動車グループだけが営業利益と株価がはっきりと改善され注目される。

現代自動車蔚山工場の輸出船積み埠頭(ふとう)の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 金融情報を提供するエフエヌガイドによると、現代自動車グループの上半期(1~6月期)の連結決算は営業利益が5兆7753億ウォン(約5067億円)で、前年同期(4兆8694億ウォン)に比べ18.60%増加した。主要10企業グループのうち唯一増加した。

 SKグループ(マイナス59.79%)、サムスングループ(マイナス53.04%)、ハンファグループ(マイナス50.64%)は営業利益が前年同期より50%以上減少した。主要10企業グループ全体の営業利益は39兆8038億ウォンで、同44.51%減少した。

 業績見通しも現代自動車グループの好調が目立つ。

 証券会社3社以上の業績予想がある現代自動車グループの上場企業の今年の年間営業利益見通しは前年比43.0%増の11兆5942億ウォンで、SKグループ(11兆5879億ウォン)を僅差で抑え、サムスングループに次いで2位を記録すると予想された。

 主要10企業グループのうち、現代自動車グループ、現代重工業グループを除き今年の営業利益が前年より減少すると予想されている。

 現代自動車グループは業績改善に伴い株価も他のグループと対照的な動きをみせている。

 同グループの上場企業の時価総額(3月に新規上場された現代オートエバーを除く)は8月29日現在、87兆4588億ウォンで、今年に入り10.10%増加した。

 時価総額1位のサムスングループと2位のSKグループはそれぞれ3.10%増、0.37%増にとどまり、残る7グループは減少した。

 現代自動車グループが好調ぶりをみせている原動力は▼昨年の業績不振の反動▼ウォン安効果▼スポーツタイプ多目的車(SUV)中心の新車発売効果――が挙げられる。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。