Go to Contents Go to Navigation

韓英FTAの批准手続き 「合意なきEU離脱」前に完了方針=韓国政府

記事一覧 2019.09.02 13:39

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は、英国の欧州連合(EU)離脱期限となる10月末より前に、英国と結んだ2国間自由貿易協定(FTA)の国会での批准同意手続きを終える方針だ。同部は2日、国会の産業通商資源中小ベンチャー企業委員会の全体会議にこうした内容の報告書を提出した。

8月22日、韓英FTAの正式署名式で握手を交わす両国高官(産業通商資源部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国政府は2016年6月の英国のEU離脱決定を受け、韓英間の通商関係の断絶を防ぎ、連続性を保つため、英国との2国間FTA締結を推進してきた。両国は協議の末、今年6月にFTA交渉の原則的妥結を宣言し、8月22日にFTA協定文に正式署名した。

 韓英FTAは従来の韓・EUのFTAと同水準の特恵貿易関係を維持するため、韓国企業は英国のEU離脱による不確実性がなくなり、英国との貿易・投資活動をこれまで通り行える。

 特に、アジア諸国のうち英国とFTAを結んだ国は韓国が唯一で、英国が10月末に何の取り決めもないままEUから離脱する「合意なき離脱」が現実のものになった場合、競合国に対する比較優位が期待される。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。