Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(9月2日)

◇法相候補「反省し謝罪」 人事聴聞会不開催で記者会見

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が法務部長官候補に指名した側近のチョ国(チョ・グク)前民情首席秘書官が2日、国会で記者会見を開いた。与野党は当初、2~3日にチョ氏の人事聴聞会を開くことで合意したが、チョ氏の娘が高校時代に医学論文の筆頭著者に名を連ね、大学に不正入学したとの疑惑などに関して誰を証人として呼ぶかで対立。聴聞会の開催は事実上困難になり、代わりに記者会見を開いた。同氏は「周りに厳しくできなかったことを深く反省し、謝罪する」と述べた上で、主な疑惑について関与を否定した。

記者会見を開いたチョ氏=2日、ソウル(聯合ニュース)

◇韓国・タイ首脳が未来産業での協力強化で一致 GSOMIAも締結

 タイを公式訪問している文在寅大統領は2日、同国のプラユット首相と首脳会談を行い、第4次産業革命に備え未来産業分野での協力を強化することで一致した。文大統領は会談で、1958年の国交樹立や2012年の「戦略的パートナー関係」への関係格上げなどを経て着実に発展してきた両国間の友好・協力関係が、一段と互恵的で未来志向的に発展していくよう期待すると伝えた。また、両国政府はこの場で軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結した。

首脳会談の様子=2日、バンコク(聯合ニュース)

◇文大統領側近の法相候補任命 反対54%・賛成42%

 世論調査会社リアルメーターが発表した調査結果によると、文在寅大統領が法務部長官候補に指名した側近のチョ国(チョ・グク)前青瓦台(大統領府)民情首席秘書官の任命に反対するとの回答が54.3%で、賛成は42.3%だった。調査はtbsの依頼を受け、先月30日に全国の成人504人を対象に行われた。チョ氏を巡っては娘の大学への不正入学や奨学金不正受給などの疑惑が浮上し、最大野党・自由韓国党などが指名撤回を強く求めている。

◇文大統領 法相候補の任命手続き強行か

 タイを訪問中の文在寅大統領は3日にチョ国・法務部長官候補に対する人事聴聞経過報告書の再送付を現地から国会に要請し、事実上チョ氏の長官任命手続きに入るようだ。文大統領は先月14日、国会にチョ氏に対する人事聴聞要請案を送った。人事聴聞会法に従えば、国会は3日午前0時までに青瓦台に聴聞報告書を送らなければならない。国会が2日中に報告書を送らなければ、文大統領は10日以内と期限を定めて聴聞報告書の再送付を要請することができ、国会がこれに応じなければ、期限が過ぎた後に文大統領は長官任命を強行することができる。

◇大学入試制度改編 4日以降に本格的議論へ

 教育部のハン・サンシン報道官は、文在寅大統領が大学入試制度全般の改善を検討するよう指示したことに関連し、「本格的な議論は大統領の東南アジア歴訪に同行中の兪銀恵(ユ・ウンヘ)社会副首相兼教育部長官が帰国した後の4日から進める」と明らかにした。ハン報道官は文大統領の発言について、大学入試だけでなく高校教育まで含め全体的に検討しなければならないという趣旨だと理解していると説明した。

◇秋夕の祭祀用食材購入費 4人家族で2.2万円

 消費者教育中央会大田支部は、中部・大田市内の百貨店、大型量販店、大型スーパー、伝統市場で行った調査の結果、秋夕(中秋節、今年は9月13日)の祭祀用食材をそろえるために4人家族で平均25万2284ウォン(約2万2000円)が必要だと明らかにした。前年比では9700ウォン安く、伝統市場の祭祀用食材の費用が21万7588ウォンと最も安価だった。大型スーパーは23万7640ウォン、大型量販店は26万1003ウォン、百貨店は29万2908ウォンだった。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。