Go to Contents Go to Navigation

韓国出生率1.11人で世界最低 2015~18年平均

記事一覧 2019.09.02 16:03

【世宗聯合ニュース】2015~18年の韓国の合計特殊出生率(女性1人が生涯に産む子どもの推定人数)の平均が1.11人で、世界で最も低い水準であることが2日、韓国統計庁が発表した資料などで分かった。

ソウル市内の病院の新生児室。韓国の2018年の合計特殊出生率は1.0を割り込んだ=(聯合ニュース)

 国連の人口推計(15~20年)では、世界201カ国・地域の合計特殊出生率の平均は2.47人。韓国に次いで、台湾(1.15人)、マカオ(1.20人)、シンガポール(1.21人)、プエルトリコ(1.22人)、モルドバ(1.26人)などが低い。

 韓国の1970~74年の合計特殊出生率の平均は4.21人で、世界の平均程度を維持していた。70~75年の国連の統計では、世界の合計特殊出生率の平均は4.47人だった。

 韓国の昨年の合計特殊出生率は0.98人で、下落傾向は続くものとみられる。

 一方、平均寿命は延びている。平均寿命は、今後、死亡状況が変化しないと仮定し、その年に生まれた0歳児が平均で何歳まで生きられるのかを予測する数値。

 2015~18年の韓国の平均寿命は82.5歳で、国連推計(15~20年)の世界の平均72.3歳より、10.2歳長い。国連推計で最も平均寿命が長い香港(84.6歳)と大差がなかった。

 韓国の1970~74年の平均寿命は63.1歳だった。

 また外国人の入国者数から出国者数を差し引いた韓国の純流入数は2015~17年の平均が9万7000人だった。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。